悩み
ブログを書いていく上で、
まずは手掛けた方がよい鉄板の方法っというのはあるのだろうか?あるなら是非始める前に知っておきたい。
ブログを書き始めて見ると想像以上に文章って、
頭の中に浮かんでこないんですよね。
普段言葉として、沢山喋っている私たちも、
それを具現化(文章)にしようとすると『全然伝わらない文章』になってしまうなんてことが、多々あります。
とは言え書けないでは済まされないのがブログですので、今日はその書くためのコツの一つとなる『ペルソナの設定』について、解説をしていきます。

✔︎ペルソナの意味を知り活かしましょう

✔︎具体的なペルソナの設定方法

✔︎想像が苦手な人は過去の自分に手紙を出そう

今日はブログは、書き始める前に設定して想像することで記事の言葉が読み手に届きやすくするテクニックの一つ『ペルソナ設定』について解説します。
文章を相手に伝える難しさは、
言葉と違って、温度の感じ方や言葉の受け取り方が様々になってしまうということです。
対面や動画は相手や話し手の表情が見えるので、今の気持ちや心理をある程度は測り知ることができますが、ブログは読み手の顔も見えなければ・・・心理状態も一切分かりません。
つまりいくら熱をこめて発信しても相手には伝わらないことが往々にあります。

tomo
ブログで伝えたい相手を『設定』することで、
より深く相手の心を掴める可能性を高めることが出来ますので、是非どこの誰に伝えたいのかを決めて書き始めて下さい。

ブログの読み手を設定するペルソナって何?

ブログを書いていく上で必要なペルソナって何?

 

私自身も自営業を初めて長いのですが、

ペルソナと言う言葉はゲームくらいしか思いつきませんでした(苦笑。

 

そんな私もペルソナの設定を初めて取り入れたのは、

ネットビジネスの世界に踏み入れて間もない頃にペルソナについて学び取り入れました。

 

ペルソナで設定すべき内容

✔︎何か伝えたいことがある場合に架空の人物を設定する

✔︎名前から性別・性格

✔︎仕事や家族構成

✔︎趣味や悩みいたる細かな設定

このように実際に存在するであろう人物像を細かに設定することで、
この言葉を使ってみよう!こんな表現で伝えてみよう!そんな伝え方がより鮮明に想像出来ます。
そもそものペルソナの由来は古典劇における『仮面』や心理学での『外的な側面』を、表す用語からマーケティングにおいて今のような設定を表す用語として使われるようになったと言われています。
何かを作り出すときは、
必ずその出来上がった物を伝えなければならない相手がいます。
その相手がより具体的であればある程に、伝えられる感度が上がると言うことです。

ペルソナを具体的に設定してみる

ペルソナの具体例を書き出してみましょう。

 

この最初の設定はあなたが取り扱う商品などで、

大きく内容が変わるので、まずは自分の商品が誰に届いて欲しいのか?

 

誰に届けたいのか?ここはしっかり軸を決めてから始めましょう。

 

 

ペルソナ設定の具体例

名前:小林 武(こばやし たけし)

年齢:38歳

家族:36歳の妻・4歳の長男・2歳の次男の4名家族

居住地:宮城県仙台市

仕事:大手不動産エイ◯ルの仙台支店の店長

収入:月収28万(手取り22万)

趣味:冬の週末に温泉に行くこと

   (夏は基本暑くて疲れるのでダラダラしてる)

悩み:次男が幼く妻が働きに出れない事もあり、

   住宅ローンの支払いがきつくお小遣いも減って遊べない!
趣味を持つ時間もお金もない為、

   あまり仕事にも集中出来ていない自分に自己嫌悪

注意:この人物は架空の人物で実在しません。

この様に出来るだけ具体的に人物像を設定することで、
伝えたい相手の悩みを想像することが出来ます。
これが女性で内気な方なのか?割と豪快な性格なのか?
これだけでも文章の書き方や伝え方が同じ内容を書くブログでも千差万別になります。

tomo

文章を上手に書こうとする意外と書けません。

上手な文章を書くのは小説家の皆さんに任せて、僕らブロガーは誰か一人にしっかり届く!そんな構成を考え抜くことが非常に大事です。

そこに上手い言い回しや、高度な文章力は必要ないわけです。
気持ちで勝負してみましょう!

 

想像できないなら過去の自分に向けて手紙を書こう

もしも、どうしてもペルソナを設定することが苦手であれば、

過去の自分に今の自分からこうすることでもっと価値観が変わったり上手く行くよ!

 

こんな気持ちで手紙を書く要領でブログに書いても大丈夫。

 

過去の自分に伝えたい事

✔︎こうやる方が上手にことが進むよ

✔︎そっちの道もいいけどこんな道もあるんだよ

✔︎その失敗はこうやれば今後活きてくるよ

この様にもしも過去の自分がこれを知っていれば、
また違った道の進み方があったかも知れない!そんな気づきを与えるような構成もOKです。
過去の自分と今現在『全く同じ悩み』を抱えた人は少なくありません。
ペルソナ設定も過去の自分に当てたブログでも、
どちらも結局は誰かの気持ちに寄り添った文章構成にすることが大事。

tomo
かっこいい文章はいずれ書けるようになるので、
最初は読み手に語りかける・・・そんな構成でブログを作ってみて下さい。あなたのブログが誰かの助けなる!そんな日が意外とくるので、諦めずブログを更新していきましょう♬

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事