悩み
高齢化社会の問題は毎日のように聞くけど、あまり自分にできることもないので日々を過ごしている。
・・・自分も2060年には高齢者に入るので、自分には関係ないのでは!?
この高齢者社会の現実を正面から受けて止めている方は少ないです。
社会的な問題なので、そもそも解決策を個人で出すことは、不可能に近いこともあり・・・知ってはいるが『特に何も対策していない』と言うのが、大半の方の答えになるでしょう。
とは言え、この問題は放置して良い問題でしょか?

✔︎人口が減れば今あるビジネスの大半は機能しなくなる

✔︎福祉や医療問題は確実に悪化する

✔︎年金はもらえるが額がヤバイ

✔︎国の価値が落ちればお金の価値も下がる

上記は確実に日本国民に等しく訪れる経済事情です。
年金問題以外は、ほぼ全ての一般人に課せられた問題。
その中でも恐ろしいのは、経済事情の悪化とお金の価値が下がることは、我々の生活に直結してきます・・・20年後には100万円の貯金で買える買い物は今の物の価値で80万円程度の物になっている可能性が高いと言うことです。
銀行貯金しかないと言うことは、経済的に弱くなっていく国の国債しか持ってないと言うことと同義。
あなたら『今から暴落するけど!今この株価買う?』と言われて買いますか?『今は100万円だけど!1年後には50万の価値しかない物だけど今買っとく?』と言われて購入しますか?
購入しないですよね?
今まさに日本と言う国は、この様な状況になる可能性のあるレールの上を爆走しています!我々には今から政治の全てを改革して、人口を増やしていくことは・・・現実的ではありません。
そうです!自分の身は自分で守る手段を持たなければならない!っと言うことです。

人口減少で今あるビジネスほとんどは後退する

 

景気は単純で人の数に左右されています。

 

例えば日本が高度経済成長を遂げたときは、人口もどんどん増えていった時代とリンクします。

 

曽祖父の時代(戦争体験世代)の家族は7名だったり10名が当たり前だったのはご存知ですよね?2名の夫婦から5名〜8名の子供が生まれるわけですから、人口は鰻登りでした・・・しかし今や二人の夫婦でひとりっ子なんて、珍しくもなんとも無いですよね。

 

夫婦が誕生しても人口が減っていくと言う現実。

 

単純に考えて、今まで『2名に売れる可能性があった物』が・・・どんなに努力しても1名しか購入相手がいなくなるのが『決定』しているのですから、経済が良くなる要素が見つかりません。

 

それと同時に物価やサービスは料金が上がります。

 

これも単純ですね、今までは100円で売っていても100名に売れたので『利益』が出ましたが、これが50名にしか売れないのであればコストが変わらない限りは値段は倍にしないと、物を売り続けることは出来ません。サービスも同様で10名のゲストが訪れるバスツアーが、3名しか集まらない世の中になれば、単価は利益が出る水準まで上がります。

 

もしくは無くなるってことです。

 

つまり旅やサービスを受けれるのは、高所得層のみの限られた贅沢になっていくと言うことです!!今は割と市場に競争の原理が働き提供する側が多い状態で価格は安く高品質ですが、提供しても買う相手がいなくなれば自然と参入者は減り、薄利多売も出来ない時代になるので、自然と富裕層だけを狙った高額のものが売り出されることになるでしょう。

 

日本の未来は『貧乏人と超金持ち』の二極化。

 

 

福祉・医療費を作り出す財源が無くなる

 

福祉や医療費は『財源』から捻出されています。

 

もちろん我々が収める『税金』からも出ているのですが、良く聞く『俺たちから取っている税金を無駄にしやがって』『税金を納めているのだから政治家ちゃんとやれ!』などなど耳にしますが・・・日本の税金の半分は高額納税者(4%)のいわゆるお金持ちの方々が納めています。

 

年収が1千万以下の方の収める税金額ですと、国は運営できないんです。

 

この事実・・・累進課税の意味を知っていて指摘しているのか否かは、マネーリテラシーを高める上では、悲しいですが知っておくべく事実です。

 

簡単に言えば『お金持ちのみなさんアザぁーーーーッス!!』ってことです(笑)。

 

話が逸れましたが、今後100%訪れる『超・高齢化社会』では、その財源がみるみる減っていきます・・・稼いでくれる人はいないのに、面倒をみないといけない人はドンドン増えていく社会だと言うことです。

 

国に依存したお金の状態や銀行貯金だけは危険だと言うことです。

 

年金は無くならないが減り続け貰えるのはスズメの涙

 

年金問題は『自分ごと』に捉えやすいので、

気にしている方が沢山いますが、打つてなし!と言う方も多いのも事実でしょう。

 

良く言われる『年金がもらえない』!これはほぼ嘘だと言えるでしょう・・・日本が破綻してしまった場合はもらえませんが、今のところは大丈夫です。

 

ただし世代によってもらえる額に大きな差が出るのは確実です。

 

今のお金の価値は40年後も続くのか?

極論ですが今のお金の価値は永遠ではありません。
身近な物で言えば、昔は100円で飲めていた自販機のジュースはいつの間にか120円になっていますが、内容量などは変化ありません・・・つまりお金の価値は下がっていると言えます。
もしも自身の給金が少しずつ上がっていたとしても、
物価が上がってしまうことで、数字は変わらずともその価値は変化し実質は変わらない場合があります。
100円で今も売っているが、内容量が減っている物も実質値上げと同じです。

結論マネーリテラシーを高める事が重要です

働く事はとても大事ですが、
ただ働き続けても生活が豊になるかどうかは別問題です。
あなたの身近にいる上司は、順風満帆でお金に余裕があって幸せそうですか?
恐らく・・・ほとんどの方の身近な人達は『お金に困らないまでも大きな余裕が無い人』が多いのでは無いでしょうか?会社に通っているので、毎月のお金にすぐには困りませんが、月末にでもなると余裕がなくなる!そんな方ばかりのはずです。
同じ会社のその上司の状態は言ってしまえば、それは未来のあなたの姿そのもの。
働き余ったお金を銀行貯金へ、これを繰り返すことは大事ですが・・・やはりお金がお金を運んでくれるシステムを自身で積み上げていかないことには、永遠に働き続け見えない未来に余裕を残せず、どこか怯えた自分と付き合い続けないくてなりません。
大きな金額をいきなり出す必要はありません。
小さな長期投資からコツコツ始めて、お金がお金を稼いでくれるを体感してみて下さい!
ここから全てが始まります。

TAKUZO
投資って誰も教えてくれないので、勝手なイメージで『ギャンブル』と結び付けてしまいがちですが、小額で長期投資してみると小さな額ですが増えていくので、お金が勝手に働いてくれるイメージが出来るようになりますよ♬

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事